2016-17シーズンのベスト11を考えよう~プレミア編①~

Pocket

プレミアリーグGK編

長かったヨーロッパのサッカーシーズンにも終わりが近づいています。

例年に劣らず、2016-17シーズンも様々な選手が多岐にわたる活躍を見せてくれました。

そこで、まだシーズンは終わっていませんが、

プレミアブンデスリーガの3つのリーグのベスト11を個人的な好みと偏見で選んでいきます。

最初はプレミアリーグのゴールキーパーから始めます!

ゴールキーパーに関するスタッツを見ていきましょう。

現在、第36節までのスタッツは以下のようになっています。

・出場試合

ここまでで出場試合数が最も多いのは、スウォンジーファビアンスキ

36試合で、リーグ戦すべての試合に出場しています。

35試合で続くのは、ウェストブロムフォスターワトフォードゴメス

トップ6のチームでは、

チェルシークルトワ34アーセナルチェフトッテナムロリス31

ミニョレ26シティブラボ22試合の出場。

クルトワチェフデヘアロリスはそれぞれケガで離脱していた時期があり、その結果としてこの数字になってます。

そういえば、クルトワはNBAのプロモーション活動で負傷してましたね。

そういうわけで、稼働率という点ではファビアンスキトップに立ち、

トップ6ではクルトワが一番の長時間労働となりました。

 

・失点数

失点数が最も多いのも、スウォンジーファビアンスキです。

69失点ワーストとなっています。

次いで62失点ボーンマスボルツ

3位はゴメス54失点

トップ6で最も多いのはチェフ35失点

ミニョレ30失点クルトワデヘア27失点ブラボ26失点ロリス21失点となっています。

ちなみに最少ユナイテッドロメロで、1試合に出場し失点は0でした。

失点数は当然チームの守備力が反映されるので、

やはりトップ6のチームは中堅、下位のチームに比べて失点数は少ないです。

1失点にかかる時間でいうと、ファビアンスキ46.9分に1失点で、1試合に換算すると毎試合2失点する計算になります。

さぞつらかったでしょう。

トップ6でこの数字が最も優れていたのはロリスで、130分に1失点

1失点当たりの時間で順序をつけるとこうなります。

ロリス(130分)>デヘア・クルトワ(113分)>チェフ(78.2)

>ミニョレ(78分)>ブラボ(75分)

この点ではトッテナムの守備の固さにも助けられて、ロリストップです。

 

・被枠内シュート数

枠内シュートを受けた本数ですが、

最も多かったのはバーンリートム・ヒートンで、179本となっています。

次いでファビアンスキ177本

173本ボルツサンダーランドピクフォード165本と続きます。

トップ6では、

チェフ 134

デヘア 96

クルトワ 94

ロリス 91

ブラボ 60 という順になっています。

 

90分当たりに受ける枠内シュート本数では、

チェフ 4.3

ロリス 2.93

デヘア 2.82

クルトワ 2.76

ブラボ 2.72 となっており、

チェルシートッテナムユナイテッドの守備の固さがよく反映されてます。

というか、アーセナルがやられすぎなのか

 

・セーブ数

セーブ数トップヒートン137本で、

ピクフォード120ボルツ111ファビアンスキ110がヒートンに続きます。

トップ6では

チェフ100

デヘアロリスが同じく70

クルトワ65

ミニョレ46

ブラボ33 となっています。

被シュート数におけるセーブ数の割合、 つまりセーブ率を考えると、

チェフ 29%

デヘア 22%

ロリス 24%

クルトワ 22%

ミニョレ 21%

ブラボ 19%

という順になりました。

ブラボのパフォーマンスへの批判は的を射ていたようです。

トップ6ではチェフトップでした。

 

・クリーンシート

トップは同率でロリスクルトワ15試合。

次いでデヘア14試合、サウサンプトンフォスター13試合、

チェフヒートン10試合で続いています。

ミニョレカバジェロブラボが同じく試合づつとなっています。

まとめ

これらのデータを総合して考えると、

今シーズンのプレミアリーグでトップクラスのパフォーマンスを見せたのは、

ロリスクルトワということになりますね。

時点でデヘア、チェフといったところでしょうか。

もちろんそのほかにも、

ミドルズブラでひとり格の違いを見せていたバルデスや、

ウェストブロムとサウサンプトンの2人のフォスター

ダービーからやってきてストークを救ったグラントなど

印象的なキーパーは数え切れませんが、

ベスト11のGKはロリスかクルトワですね。

とはいえ、あまりに妥当で無難な選出でもあるので、

苦しむスウォンジーにあって不屈の精神でゴール前に立ち続けるファビアンスキを

個人的に好きだった11に入れたいと思います!

参考:http://www.foxsports.com/soccer/stats?competition=1&season=20160&category=GOALKEEPING&pos=0&team=0&sort=9&sortOrder=0

※数値はこのサイトを参考にしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です